須藤裕司 アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル 口コミ評判

解決策が見つからず右往左往するのは今日で終わりになります。須藤裕司さんのアスペルガーADHD発達障害改善マニュアルで、人生をやり直しませんか?

adhd リゾレシチン

とんちんかんな答えしたり無意識にぶっきらぼうになってたりでどんどん人が離れて寂しい思いをしていたとしても、
ちょっとした食事の見直しと心がけだけで、アスペルガーのない本来の自分として生きられるようになる方法がこちら

 


人前で自分をさらけ出そうとすると自分のガイジな部分が全て出てしまうため、相手

の出方伺いながらめちゃくちゃ慎重にコミュニケーションするものの、
重すぎて自分抑え込みすぎて結局何もできなくなっていないでしょうか?

 



病院に通って高いお金を払って薬を飲めば、症状が落ち着いてまともな生活を送れるものの、
このまま薬に頼っりぱなしで大丈夫なんだろうか?と漠然とした不安を抱えていないでしょうか?

 

 



病院で処方される薬は、かなり効き目があります。悩んでい症状が大幅に改善され、症状に振り回されるケースを激減させてくれます。


たとえばリゾレシチンは脳のシナプスを強めてくれます。脳内の神経伝達がスムーズに進むようになるので、思考を上手くまとめられるようになります。

 



一つのことに集中できるようになったり、気の進まないことにもある程度はしっかり取り組めるようになるものの、薬の値段が決して安くはありません。


飲み続けるとなると金銭的にかなりの負担になるし、やはり薬ですから、続ければつづけるほど、何らかの副作用に悩まされるリスクは高いものがあります。

 



うつ病自律神経失調症と同じく、アスペルガーadhdは病院に行くと、確定診断がつけられるようになりましたが、実際には何を持ってadhdとするか?は解釈や判断があいまいなのが事実です。


お医者さんのさじ加減で症状が決めつけられているのが現実で、アスペルガーの傾向が強いとか、adhdの可能性を含んでいるとか、微妙な診断を下されることが多いんです。

 



診断がつけられるというのは、社会的にも精神的にもインパクトは強く、自分は何らかの問題を抱えているんだと、改めて自己認識させられることになります。


その結果、まるで自分は何か障害を持って生まれてしまったんじゃないか?という不安や劣等感にさいなまされ、症状を自ら悪化させてしまうケースがあります。

 



須藤裕司さんのアスペルガーADHD発達障害改善マニュアルでは、病院とは全く異なるアプローチでadhdに向き合っていきます。


病院では文字通り「治療」に当たっていくわけですが、実際にはadhdは障害でもなければ病気でもありません。そのため、どんな風に付き合うか?を考える方がよっぽど重要なんです。

 


自分にはそういう傾向があるんだ、ということを踏まえて、どんな風に考え、どんな風に高度するのがベストなのか?というのを考えていくんです。


苦手な人がいるのであれば、あえてその人のことを好きになろう

 

とする必要はありません。その人との接触をできるだけ避けられるような対策を考えるんです。

もしくはミスの目立つ作業をできるだけ減らせないか?を考え、逆に、自分の得意なことに集中させてもらえるように周囲に働きかけていくんです。


自分の居場所を自ら作ることが、adhdと上手く付き合うための最大の秘訣なんです。adhdは脳の器質的な問題ですから、治そうとするにはあまりにも敵が悪すぎます。

 



不毛な努力を続ける羽目になりますから、同じだけの努力をするのであれば、自分自身のあり方を見つめ直すほうがよっぽど生産的ですよ。


人間関係のトラブルが激減する

発達障害の真の意味がわかる。

穏やかなのに、明るく元気な自分になれる

衝動性が減り、落ち着いて考えたり行動できる



→→須藤裕司さんのアスペルガーADHD発達障害改善マニュアルで、いつでも安心して過ごせるようになるにはこちら

f:id:aspergeradhd1:20170227132732j:plain

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする